UA-180673831-1

歯の着色の原因

1.お茶などの食物の色素

お茶やコーヒーに含まれる色素が歯の表面に付着すると歯ブラシではきれいに落とすことができません。

対処法:医院で専門の器具や歯磨き粉を使い表面を磨く

2.たばこによる色素

食物の色素と同様に歯の表面に付着しています。喫煙の回数によって色の濃さや付きやすさが変わります。

対処法:医院で専門の器具や歯磨き粉を使い表面を磨く、できれば禁煙

3.もともとの歯の色、加齢によるもの

日本人は欧米人に比べて歯の黄色味が強い傾向があります。また、年齢が上がると色が濃くなっていきます。歯の内側からの色素であり、磨いても取れません。

© 2020 ふたば歯科矯正 Wix.comを使って作成されました

03-6903-8465

Tel