UA-180673831-1

歯がしみる原因

1.虫歯

虫歯の細菌により​歯が溶かされたり、歯が弱くなって欠けることで冷たい物がしみてきます。熱い物がしみる場合は虫歯がかなり進行していると思われます。

2.知覚過敏

​虫歯を治した後に冷たい飲み物などでしみることがあります。

虫歯を治していない歯でもしみることがあり、若い方に多くみられます。

対処法:虫歯がなければ経過観察、知覚過敏の薬を塗る

3.歯の根の露出

加齢や歯ぎしり、かみ合わせ等が原因で歯の根元が露出することがあります。重度になると歯の深部まで削れて神経の管が見えてきます。

対処法:削れた部分を白い詰め物で埋めてコーティングする、

    知覚過敏の薬を塗る、歯ぎしりの対策としてマウスピースを作る

© 2020 ふたば歯科矯正 Wix.comを使って作成されました

03-6903-8465

Tel